歯を白く保つためのポイント

白い歯は就職に有利のアンケート結果!歯を白く保つためのポイント

イギリスで男女2000人を対象に、人は歯が白い相手に対してどのようなイメージを抱くのか?
そんな調査が行われた際、結果、歯が白いと実年齢よりも5歳も若く見えることが判明しました

 

さらには歯が白い人の印象として「学歴が高く有能な人間に見える」とイメージを与えやすく、就職時には歯が白いと採用に至るチャンスが10パーセント上がるというデータも出ているそうです。

 

歯が白いというだけでこんなにメリットがあるのであれば、今日からホワイトニング始めてみようかなと感じた方もいるのではないでしょうか。

 

白い歯を保つポイント

誰もが「いつまでも健康的な美しい白い歯を保ちたい!」と願うもの。
しかし、コーヒーや赤ワイン、煙草など「これだけはやめられない!」という物に限って、歯を黄色くする原因だったりするものです。

 

黄色い歯のせいで、あまり笑うことができないとお悩みの方もいるかもしれません。
白い歯が「キラッ」と輝く、素敵なスマイルが出来る女性は、それだけで魅力的と言えるでしょう。
歯が黄色いと困るのは笑うときだけではないようです。

 

そこで今回は歯を白く保つためのポイントをいくつかお話しします。

 

歯を黄色くしてしまうもの

歯を黄色くしてしまうものにはどのようなものがあるのでしょうか。
1つめはやはりコーヒー、紅茶、緑茶、赤ワインなどの「ステイン」を多く含むものです。
このステインが歯の着色を進めてしまいます。またカレーなど色素の強いものを使用した料理も歯に着色が起きやすくなります。
次にアルコール類など酸度の高いもの。赤ワインは歯に着色しやすいことで有名ですが、実は白ワインなどアルコール類も歯のエナメルをすり減らしてしまう酸性の強い飲料のため注意が必要です。

 

そして甘いもの。糖分を豊富に含んだお菓子やドライフルーツは、着色の問題もさることながら虫歯の原因になるため摂りすぎは控えましょう。炭酸ジュース、スポーツドリンクなども同様に糖分が多いので注意してください。

 

歯を白くする食べ物

逆に歯を白くする効果のある食べ物はどんなものでしょうか。
食べるだけで白くなるということはないですが、歯の汚れを落としてくれる食べ物はいくつかあります。
例えばゴボウや人参、セロリなど繊維質の豊富な食べ物。これらは繊維質によって歯の表面の汚れを落としてくれる効果があります。
また、牛乳には歯の表面をコーティングして、歯に汚れが付くのを防いでくれる効果があるとされています。

 

また、その日についた汚れはその日に落とすという姿勢で、しっかりと歯磨きを行うということも重要ですね。
最近はホワイトニングを意識した専用の歯みがき剤もたくさん売られているので、それらを上手く利用してみると良いと思います。
当サイトでは、「ちゅらトゥースホワイトニング」について紹介しています。
歯の着色汚れを防ぎ、白くて魅力的な歯が見える素敵な笑顔を手に入れたいものですね。